完甘美の空腹

raison d'être

「言葉」という言葉

流れとしてはこの記事(前回)の続きで、

内容としてはこの記事の補完になります。

 

これまで「言語とは何か」という問いについて語ってきたが、述べてきたことを踏まえるとそれはあっさりと答えられるような問いではないだろう。

というのも、「言葉とは何か」とは、それも言葉で問うのであり、「言葉」という言葉もまた言葉のひとつなのだ。だから、その問いは諸々の言葉の中での「言葉」という言葉の意味を問うことだろう。とすれば、言葉の「意味」が何かをまず定義しておかなければならないが、そのためには言葉をは何かを知っていなければならない、という様にこうした堂々巡りになってしまう。

それなのに、ひとはついうっかりと、言葉の通常(本来?)の導きに従って、「~とは何か」に応える通常のやり方で「言語はコミュニケーションの1ツールである」などと答えてしまう。そう口にした瞬間、それに応じて「言葉」という言葉の意味は、意思疎通や情報伝達として「意味」という言葉の意味も物事や観念として定まってしまうのにも関わらず、だ。

言葉という言葉の意味について考えることは、おそらく私たちの日常の言葉の経験から切り離されてしまうことだろう。それにも係らず、言葉は言葉で「分かった」とする明晰さを、本当はその答えにも与えてくれている。「言語とは何か」と問いながら、言葉という言葉の意味を恣意的に語る人はつまり、言葉については何もわかってはいないのに、そのことについて”分かっている”と思い込んでいるひとなのだ。

実際、言葉ほど、言葉のなかで捉えどころのない言葉はない。数学における数と記号、緻密で概念的な言葉や厳格な命令の言葉から、立ち話でのおしゃべりや唄声、呪詛や祈祷や叫び、鳥や動物たちの啼き声、そして風景の持つ自然学的な言葉に至るまで、すべては言葉であると言えなくもない。これは逆説的ではあるが、「言葉」というひとつの言葉のなかに、言葉という言葉の全幅の意味が含まれている訳ではなく、「言葉」という言葉の意味は、「言葉の意味」よりも、思い掛けなくずっと広い。しかも、それが一つであるとは限らないのである。

したがって、「言語とは何か」と問うことは、漠然とした人が理を持つ多様な言葉のなかから、特定の種類の領域や権限を選び出す(あるいは取捨選択する)ことに他ならない。その、どの一つを選び出すべきなのか、記述すること・お願いすること・頼むこと・宣言すること等の権限や能力が挙げられるかもしれないが、これらのいずれもが、日常で経験する言葉の一種であるとはいえ、言葉はそれらの権限や能力の掛け合わせでもなければ、どれかの権限や能力がその重心や基本的要素となる訳でもない。そのいずれかを真の言語、言葉の模範とするのでは、言葉を捉えそこなってしまうだろう。

それでも、誰かがこれらを総じてひとつの「言語」とみなし、「言語とは何か」と問いはじめるとき、その人の念頭にある経験の、どんな権限や能力をもって言語とするかが、「言語とは何か」という問いへの偏った回答を遽しく構成し始めていて、それによって人々に言葉遣いを強制しようとする、その隠された情念が垣間見え出していることに、どうして気づかずにいられるだろうか。

言葉は、音楽や美術とは異なって「その言葉の言い方は変だ」などという様に、自身についても語ることができる。それで人々は、言葉によって言葉自身について語り始める。そのとき言葉は権限や能力を変えて「言語(language)」と呼ばれるようになるのだが、そのような「二次的な言葉」は、語る人々への威力を確かに有している。

というのも、「言語とは何か」という問いに答えることは、それを以て言葉の評価基準にすることである。例えば、言葉は「コミュニケーションの1ツールである」とされるとき、そうしたタイプの言葉の上手な人が社会的に評価されるようになる。それは組織のいて活動するときに有利な、その人物の特性に過ぎないのに、言葉の正しい在り方とされてしまう。そのようなタイプの言葉が下手な人は、

「巧言令色鮮し仁」

論語』より

という言葉もあるように、言葉のもっと別の在り方において優れている人かもしれない。

学問のため、或いは便宜のために、中立的に言葉の定義について語ることができると考えている人たちもいるが、それによって当該の言葉を他の人々がその意味で使わなければならなくなるのだから、それでもやはり、誰もが受け容れるべき価値について語っている。定義をくだすことができるのは、いずれにせよ権限や能力を背景としてだろう。

言葉の定義をめぐる争いは、なるほどそれをすることが社会において効力をもつからこそ、そうされる。大学、病院、法廷、会議などがまさにそれに当たるだろう。言葉について語ることとは、フーコーが『生政治の誕生』で述べていたように、言わば医師が患者へ病名について語るその瞬間、それは患者の投薬や施術や生活全般について命令しているようなものであり、自分の社会的立場やイデオロギーに依拠して、他の人々が、何を知覚して、何を認識して、何を価値として、何を基準にして、どう振る舞うべきかについて強制しようとしているのだ。

 

・参考

『現代哲学への挑戦 (放送大学教材)』(船木亨)

現代哲学への挑戦 (放送大学教材)

現代哲学への挑戦 (放送大学教材)

 

『生政治の誕生』(Michel Foucault

 『言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学』(野矢茂樹西村義樹

 他、今までの記事で紹介したCiNii論文など。