完甘美の空腹

relish the beauty, sweet, perfect

「振る舞い」としての言葉

ジョン・L・オースティンという20世紀の英国哲学者曰く、言葉は振る舞いの一種であるらしい。例えば「結婚してください(Will you marry me?)」という常套句があるが、その言葉は何も婚姻関係への意思やそれが可能な条件についての情報を提示しているのではなく、その言葉を放った人とその言葉を向けた人とそれらを取り巻く人々の関係を、それまでとは全く異なったものへと変えてしまう。そんな力があるからこそ、その言葉を口に出すことに私たちは緊張するのだ。

なるほど、普通に考えてみれば「言葉」と「振る舞い」は対立する。口先ばかりの人もいれば、言葉通りに振る舞おうとする人もいる。振る舞いで自らを示す人は、言葉少なであることも少なくない。むしろ、振る舞いを記述する言葉は儀礼規範や教科書のような一種の特殊な「言葉」であり、言葉という「振る舞い」と、振る舞いを約束する「言葉」や振る舞いの結果としての「言葉」があり、振る舞いと言葉は浸透し合っているのだろう。

ただ、振る舞いに直結する宣言や命令といった一方的な会話だけでなく、もっと複雑な会話においても例外なく「言葉」が指し示すものを想起する必要はない。なぜなら、その指し示すものが共通でない場合は「会話はすれ違う」と言われるが、実際には会話のすれ違いから会話が不可能になることはまずあり得ない。私たちが会話をするとき、同一の意見や情報の共有が目的のコミュニケーションとして、或いは同一の観念について確認したくてそうする訳ではない。同一の、既に知っていることならば、あえて会話する必要もなく、或いはそもそも言葉で確認できるようなものでもなく、逆にその意味がすれ違っているからこそ、人々は会話するのかもしれない。

つまり、一人ひとりがそれぞれ異なった経験を持っているのだから、語ろうとする言葉の意味は常にお互いにずれているが、そうであってなお、しかし語り合うことを通じて、それぞれの言葉の意味を少しずつ変えていくのだ。むしろ、会話とはこのようにして「経験が多様化」していくことだとは考えられないだろうか。そう考えると、言葉の意味は確定できないことになるが、言葉とは無数の語とその組み合わせによって差異をより具にしたり、紛らわせたりする振る舞いそのものに他ならず、そうした振る舞いをそれとは異なった言葉が引き継いでいくが、そうした差異によってこそ会話は成立しているのである。

人は、嘘の反対物として「本心」や「事実」を想定してきたが、思うに、言葉においては意思や情報を完全に指し示そうとすることよりも*1、ある特別な人の、ある時ある場所での「一言」こそが重要なのだろう。法律が故人の意思*2を尊重して権力と意味を付与するように、一人の人物の心に、メルロ=ポンティが説いた「意味の核」のようなものを産み出す「言葉」は確かにある。ジョン・L・オースティンの「振る舞う言葉」とは、それをめぐって自らの生き方を決めていく、そんな真実の言葉を語ることこそ、言葉について考えることなのだ。

f:id:imkotaro:20181109162746j:plain
Bartolomeo Manfredi "Cupid Chastised"

 

〈関連〉 

 

 

〈参考〉

ジョン・L・オースティン『言語と行為』

言語と行為

言語と行為

 

 メルロ=ポンティ『意味と無意味』

意味と無意味

意味と無意味

 

 ・CiNii『「ものが見える」ことと「ことばが分かる」ことの間:メルロ=ポンティにおける言語活動としての哲学の場』

・CiNii『メルロ・ポンティの『行動の構造』における「意識」の多義性と「統合」について』

*1:或いは、イデアを捉えようとすることよりも。

*2:遺言