完甘美の空腹

relish the beauty, sweet, perfect

言語と音楽

では、幼児にとっての言葉はどう考えられるだろう。「言葉」の分からない幼児にとって、「言葉が分かる」ということは、声と音の区別のつかないオノマトペのなかから、シニフィエ(signifié)のあるものとないものを分けていくことからはじまる。そして、幼児が言葉をしゃべるようになるということは、幼児が知覚している「もの」や「身体」の音声を楽しむだけではなく、それと同時に、それらを介して音声を自らの知覚と振る舞いとで表現する楽しさ*1を求めているからなのだろう。

幼児にとって、そこに「言語」という認識はなく、自分の吐く息、吸う息、喘ぎ声、オノマトペ、そして単語とイディオムだけが引き継がれていくだけの「おしゃべり」など、聞こえるすべての音はきっと「歌」だ。そうした経験を通して、幼児はオノマトペという声帯上での舞踊をこれでもかというほど踊ってから、「差異の体系」を身につけ、言葉を話すようになり、やがて心*2が身に付くのだ。言葉を分かり、言葉を話すようになる、ということは、音楽とノイズと声との区別がつくということであり、私たちが言葉を話し、言葉があるからこそ、それではないものとしての音が「分かり」、その往来であるような歌と音楽という楽しさを「分かって」いるということなのだ。

言葉は、放置しているとただの「おしゃべり」に過ぎないが、言語と音楽の両者へと差異化して、それらを相互に転化するのが「言葉」による現象だ。そういった意味では、一言だけ取り上げられた言葉は同時に言語でもあれば音楽でもあり、そのどちらかを決めるのは*3、思考や思考する主体だと考えればいいし、それが向かうところの言語と音楽のどちらが優れているということは、おそらくあり得ない。プロパガンダに見られるような、言語であるべきところを音楽として語ったり、或いは音楽であるべきところを言語として語ったりすることこそが、表象においては例外なのだ。

言葉が振る舞いの1つとして、他の振る舞いと紛れながら消えて*4いくとき、それはそれだけで十分に成立した「おしゃべり」である。その一方で「今、何て言った?」と尋ねるとき、その一言の意味*5を知りたいのではなく、もう一度繰り返してもらいたい言葉の意味は、いわゆる「言葉の意味」ではなく、「言葉がもつ意味」である。もっと言えば、「言葉の意味」という言葉の真の意味だ。私たちが「あの日あの時のあの一言が.....」とこだわり続けることもあるように、もつれた人間関係の場合、究極的にその物語が語り終えられるまでは、どの言葉の意味も確定することはできないことさえある。もし、誰かに「愛している」と言われたのなら、それはそうした感情や言葉の表現ではなく、聞いた方がその意味を一生考えていくのだから。

言葉や文章が*6何を意味するかというのは、作家が物語をつくるようなもので、どんなにさりげない一言であっても、作家が言葉を紡ぐときには、その物語を通じて、その言葉を取り巻く人間関係や出来事の展開のなかの、放置できない「言葉」になる。言語において関心を持つべきなのは、切り取られた一言ではなく、その言葉に対応する「意味」とされる言葉の系列でもなく、どんな物語がそこに生まれつつあるか、ということだ。つまり、その物語の意味とされるものが消えてしまうまでに、その言葉を追いかけていくことこそが重要である。何せ、人は理論や学問を語るよりも、おしゃべりや音楽の方が好きなのだから。

 

f:id:imkotaro:20181111195144j:plain
Frank Weston Benson "Rainy Day"

 

〈関連〉

 

 〈参考〉

人間の言語はどの程度人間に固有か:ウィトゲンシュタイン的解明

 

ウィトゲンシュタインにおける感覚語の使用の状況依存性について

 

黒田亘『経験と言語』 東京大学出版会

経験と言語

経験と言語

 

*1:「表現したいことを表現できる喜び」のようなものだtと考えられる。

*2:いわゆる「物心」。

*3:或いは、それを決めるのが知性なのだから。

*4:「馴染んで」と言い換えてもいい。

*5:つまり、国語辞典の語彙や論理的な概念。

*6:或いは歌や音楽が。