完甘美の空腹

raison d'etre

imkotaro.hatenablog.com

続きの続き。前回の簡単なまとめです

 

挙げた3宗教(イスラム教,キリスト教,仏教)について

戒律の厳しさ:仏教<キリスト教イスラム

祈る回数の多さ:仏教=キリスト教イスラム

祈る時間の長さ:イスラム教<キリスト教≦仏教

世界の広さ(深さ):イスラム教<キリスト教<仏教

礼拝の静かさ:仏教≦キリスト教イスラム

礼拝施設の地理的環境:イスラム教は街中、仏教は自然の中、キリスト教は中間

祈りの形:イスラム教が厳格、仏教は自由、キリスト教は(宗派に依るが)中間

 

ざっと並べるとイスラム教と仏教は対極関係でキリスト教がその中間な印象を受ける。戒律の厳しいイスラム教は祈ることに意識がいきがちなのか、世界が狭く浅い。自分よりも先に世界が、神が来る。むしろ自分なんて要らないくらい。対して仏教は何を祈るのか、何を悟るのかに重きを置くので世界は広く深い。世界をみて、自分がどうありたいのか、どうなりたいのか、はたまた世界をどうしたいのか。キリスト教は宗派に依るから本当は一概に言っちゃいけないんだろうけど、どちらでもあるし中間の場合もある。僕はカトリックしか知らないしそもそも洗礼も受けてないのでなんとも...。「プロテスタントは祈りを重視する~」的なことを聞いたこともあるけど実際どうなんだろう。あとは礼拝の状況・環境も何か関係してるのかなと思う。ふつう、イスラム教の礼拝はモスクっていう施設で行うんだけど、実はモスク内部とその周辺はザワザワわちゃわちゃしてる。というのも、モスクは祈るためだけの施設じゃなくて、お清めをする場でもあるし、礼拝が終わったらみんなでお茶をする場でもあるから、なんというか厳かなのに和やかでもある。だからモスクって不思議な空間なんだよね。これは実際に体験しないとわかんない。たぶん。その点、キリスト教の礼拝堂(聖堂)はほぼ礼拝専用の空間で、厳かなんだけど祈っているそのときや誓いを立てるその瞬間は神が立ち会っているからか決して孤独感はないんだよね。もちろん自分以外にも祈っている人がいるときもあるし、いないときもあるんだけどそんなことは関係なく、なんというか、見られてる感?みたいな。まあ祈ってるときは遊離してるから自分が2人いるってのもある。仏教はぶっ飛びすぎててもう面白すぎる。どこでも祈るし一瞬で祈ることもあればマニ車回せばOKもアリだし永遠に祈ってることもある。しかも行き着く先が「痛みを超越して生を見出す」みたいな人もいれば埃と霞を食べて生活してるガチ仙人もいるし、「俺自身が神になることだ」みたいな人もいる。まあただ仏教は祈るまでの道のりが長いけどね。修行とか巡礼とかあるし、祈るための修行も巡礼もある。滝行とか。祈りそのものが人生、みたいな感じなのだろうか。そういえば礼拝の厳かさっていう項目を設置しようと思ったんだけど、「???」みたいな状態になってオーバーヒートしたので諦めました。誰かよろしく。

 

---------------

8/18 23:47

ここまで一気に書いた。こういう推敲してない文章はなんというか自分の頭の中を覗き見られているようで恥ずかしくてあんまり好きじゃない。けどそこまで頑張って推敲する気力も体力も残っていないのでこれでいっか。いいよね。あとこういうテーマは座学みたいに教えてもらいながら深めるよりも自分で調べていって学んでいきながら深められるしそれが面白さでもあるからとてもいい。