完甘美の空腹

自分用 面白かったら感想お願いします

「言語化」という病気

僕たちは日々生きていく中で、自らの体験を言語化・具体化することが求められる。やれ自己分析だ、やれ自己アピールだと、僕たちを言葉で表現させようとする。たとえ社会がそれを求めなかったとしても、僕たちは、僕たち自身を言語化しようとしている。SNSでありがちな「体験」や「思考」をシェアするのがいい例。自分がどれだけ苦労して、どんな思いをして、どんな体験をしたのか、多くの時間を浪費しながら発信しようとする。もちろん、このブログもその類うちの1つだ。 

僕たちは「言語化」という病気に侵されている。僕たちは、知らず知らずのうちに言葉の枠に自分の感情を当てはめようとするあまり、自らの感情や体験は歪曲・縮小し、言語表現にとどまってしまう。他人に理解されたいがために、自分の体験を言語で成型し、それを下らない言葉の羅列で表現しようとしている。

賢人は寡言であることを求め、自分のわかること、つまりは自分が他人に対して適切に表現できることだけを表現しようとする。対して愚人な僕はそんなことで我慢できるほど育ちも出来もよくない。なので僕たちは自己を理解して欲しいため、あるいは誤解されたくないために、むしろ自己存在を他人にわかる形で表現しようとし、結果的に自らをつまらない平凡な人間にしてしまう。

そもそも、僕たちの実感というのは言葉で表現できるほど小さなものではない。心理学のメラビアンの法則によれば、言語情報は情報伝達の7%程度しか占めていないらしい。たしかに僕たちの感情というのは決して「喜」「怒」「哀」「楽」で括られるほど浅はかなものではないし、どれだけ言葉を尽くしたところで他人に100%正確に伝えられるものでもない。僕たちの感情というのは、僕たちがそこにいたるまでのあらゆる経験、他人との関わり合い、その場の空気感とか様々な状況が複雑に混ざり合った上で成り立っている。万感という言葉があるけれど、僕はこれくらい大きい単位の言葉でないと僕たちの感情は表現できないと思う。

「わからないこと」というのは、不安や好奇心を湧き起こさせてくれる。しかし、すべてのものが「言葉」になった瞬間、僕たちにとって何らかの「わかる」ものに歪曲・縮小し、それがもつ可能性やきらめきは失われる。言語の、言葉の先にある「何か」は、無視していいものとして捨象され、事象は言語化・具体化によって衰耗される。言語化とはこういうことで、まさに病気のようなものだと思う。

そして、僕はおそらくこの病気のかなり重度な患者だ。僕は、僕のまわりにある何かをすべて言語化しないと気が済まなくて、その結果多くを捨象して、見ないようにしている。言語化は具体化なのかもしれないけど、それと同時に抽象化でもある。つまり現実を言語世界に具体化するということは、言語世界という理想に事象を抽象化することでもあるのだ。僕は僕を、僕の言語の、僕の言葉の中で理解しようとするあまり、僕という存在から離れたもう一つの「自分像」をつくり、それを発信することに必死になっている。

人は病から立ち直りたい、病を克服したいと思うものだ。僕だってこんな偏屈な自己承認欲求はできることなら今すぐにでも捨てたい。だいたい、こんなことを言語化して思考し続けるからより一層鬱々として夜更かしをしているとしか思えない。

 

---------------

8/16 1:13