完甘美の空腹

自分用 面白かったら感想お願いします

テセウスの船

テセウスの船というパラドックスがある。老朽化した船を新しい木材で補修していきすべての部品を置き換えたとき、それは元の船と言えるのだろうか?というもの。

これを人間で例えるとどうだろう。人間の身体全体はおよそ37兆2000億個の細胞から成っている。そして身体の中では約3000億個の細胞が毎日死に、新しく生まれ換っているという。じゃあ、過去の自分は元の自分とは全くの別人か?

経験、知識、知恵、技術、そんなものの積み重ねで今の自分がある。のなら、過去の自分がないと今の自分は成立しない?それとも、今の自分は過去の自分が持っていなかった経験も知識があるのだから、以前の自分とは別人?

こうやって日記を書いているのは備忘録の意味もあるし、その日にあったことを書き留めておくっていう目的もあるし、後から見返すためっていうのもある(他にもあるけど)。高校生くらいの時に書いていた日記を見返すと今の自分では訳のわからない理論を展開していて笑ってしまうことは少なくない。思い返せばあの頃は何でもかんでもに答えを出していたし、正しいことをするのが正しいことだと信じていたし、何よりそれらを絶対として自分を律していたからそりゃもうムカつくクソガキだったなあって思う。今もクソガキだけど。その理念は結局自分の不完全さでどうにもなくなってぶっ倒れたしね、まあ自業自得。それをきっかけに許すことを覚えて、別に完璧じゃなくてもいいじゃん、正しくなくてもいいじゃん、人が何を思ったっていい、って人を、何より自分(の甘え)を許すようになったんだったっけか。

話が逸れたけど、(今の僕の)結論としては以前の自分と今の自分は全くの別人。だと思う。ただ、過去の自分ありきの今の自分だからそれは忘れちゃいけない。しっぽの生えた怪獣になりたかった僕も、料理人になりたかった僕も、世界一周したかった僕も、全部僕だけど今の僕とは別人。そう思うからこそ、あの頃の自分に文字通り後ろ指を刺されない自分でありたい。

 

  

 ---------------

7/6 11:17 

ほぼ毎日文章は書いているんだけど、記事にしにくい内容が多くてうーんという感じ。1日に4つ書いて2つは没、1つは置いておいて1つを手直して記事にしてる。niftyの時みたく毎日いっぱい記事にしたい。

 

細胞がどれくらいで入れ替わるのかの計算を途中で諦めたやつがあったのでそのまま載っける。力尽きたんだなって感じで笑える

 

概算すると

3/372=0.00806451612≒0.008

こうなる。99.99%の細胞が入れ換わったら別の人間になると仮定して、それまでに何日かかるかを考える。

1日目は10だとすると、

2日目は10*(10-0.008)/10=9.992。

3日目は9.992*(10-0.008)/10=9.9840064。

4日目は9.992*(10-0.008)/10*(10-0.008)/10=9.97601919488。

ここで、2日目の9.992を10*(10-0.008)/10と示してしまえば、

n日目は10*{(10-0.008)/10}^(n-1)。

これが0.0001を切ればいいので、nの不等式を作ると

10*{(10-0.008)/10}^(n-1)<0.0001=10^(-4)

{(10-0.008)/10^}(n-1)<(10^-5)  ←10*を綺麗にした

10^5<{10/(10-0.008)}^(n-1)

この不等式は両辺共に1を超えるので対数をとる。

5*log(10)<(n-1)*{log(10)-log(10-0.008)}=(n-1)*{log(10-