完甘美の空腹

relish the beauty, sweet, perfect

「正しい」読み

次の文章を「正しく」読んでください。

 

「捏造した情報が漏洩したと声を荒らげる」

「消耗品を買って来たので早急に経費で相殺して下さい」

「手紙を出すには切手の貼付が必須です」

 

これらの文章に出てきた言葉の中に、読み間違いがそのまま定着してしまったものがあります。本来の正しい読み方はこう。

でつぞうしたじょうほうがろうせつしたとこえをあららげる

しょうこうひんをかってきたのでさっきゅうにけいひでそうさいしてください」

「てがみをだすにはきってのちょうふひっしゅです」

 

いくつ正しい読み方が出来ただろうか。

 誤読というものはみんなが使うと、今度は誤読の方が耳慣れて正しいように感じてくるし、本来正しい読み方が間違っているようにも感じるようになる。そしていずれ辞書に「慣用読み」掲載されて通用するようになり、携帯電話やパソコンの漢字変換でも出てくるようになる。現に、捏造や消耗品などはほとんどの人が慣用読みを使っている。以前、新聞で「捏造(ねつぞう)」と読み仮名がふられていてとてもびっくりしたのをよく覚えている。今使っているパソコンでは「でつぞう」や「しょうこうひん」で変換しても漢字が出てこない(以前使ってたwinVistaでは出ていた)。

「早急」や「相殺」とかでは、本来の読み方をする人と慣用読みをする人が半々くらいでとても厄介。人によって読み方が変わってくるし、相手の読み方に違和感を覚えたり間違いだと思う場合もある。仕事やあらたまった場面だったり、なおかつ上下関係がある状況では特にややこしくなる。

「慣用読みを間違いだ」と指摘する人もいるかもしれないけど、今のところ「山」を「うみ」と読むような決定的な間違いではなく「白(正しい)に近いグレー」と言えるだろう。あと、これから慣用読みが定着するかもしれない言葉もある。
例えば「雰囲気」を「ふいんき」と読む人がいる。テレビのアナウンサーで「ふいんき」と言っていたのを見たこともある(訂正していたけど)。正しい読み方は「ふんいき」だし、きちんと文字を見れば「ふいんき」なんて読めやしない。それでも、今後「ふいんき」と読む人が増えていけば、いずれは慣用読みとして定着するだろう。

他にも「独壇場(どくだんじょう)」は、正しくは「独擅場(どくせんじょう)」がある(漢字のへんが違う)。擅(せん)は「ほしいまま」とか「独り占めする」と言った意味のある漢字だが、「擅」を「壇」と間違えて「だん」と誤読して慣用読みと「壇」が定着したらしい。このような場合では、雰囲気が「ふいんき」として定着する際に漢字が慣用読みできる当て字に変わる前触れだと考えられるかもしれない。

「言葉は生き物」とは言うけれど、みんなで揃って間違えれば間違いではなくなるのもまた然りだ。現に今では消耗品を「しょうもうひん」と読むのも「しょうこうひん」と読むのも間違いではないし、早急を「さっきゅう」と読むのも「そうきゅう」と読むのも間違いではない。この読み方が正しくてこの読み方は間違い、というのは個々の知識や考え方によって変わる。だから冒頭の読みの正誤問題は間違ってるけど正しいし、正しいけど間違っている。そんなことだってあり得る訳だ。私はあの答えが正しいと思っているけれど、実際は正しくないのだろう、ということは腑に落ちている。

では、どうすればいいだろう。例えば、数学の世界では公理という「問題を考えるための前提」があって、そのルールがあるから「正しく」問題を捉えて、考えることができる。では、それが言葉の世界ならどうだろう。むむむ。どうも上手いこと組み込めそうにない。しかし、個人的には伝わればそれでいいと思うのだ。それも「どんなことでも自分の言わんとしていることが100%完璧に伝わることは絶対にない」という前提の上の話ではあるが。ただ、話が通じる人はここら辺の前提をしっかり弁えているからこそ、伝え方が上手いのだな、としみじみ感じるのだろう。

それで、結局何を伝えたかったのかは忘れてしまった。ただ、敬語やマナーで迷ったら一番偉い人に倣っておけば間違いないということは言えるということを述べてこの駄文終わりにする。

長い物には巻かれよう。

 

いつも日本語で悩んでいます ―日常語・新語・難語・使い方

いつも日本語で悩んでいます ―日常語・新語・難語・使い方