完甘美の空腹

日記 自分用

モチベーション

  モチベーションといえば「今のモチベーションを維持して取り組みたい」とか「最近仕事のモチベーションが下がってて」等と、モチベーションは「やる気」と同じような意味合いで使われる事が多い。モチベーション(motivation)とは元々心理学用語で、「動機(付け)」と訳されている。動機とは人を行動へと駆り立て、目的達成までその行動を持続させる心のエネルギーのこと、早い話がやる気の原動力。

んで行動へと駆り立てる気持ちを引き起こす原因(誘因)は3つの要素があると言われてます。

1.そのもの自体の魅力
2.そのものを入手するための行動がどれ位目的達成に直結するか
3.自分の行動によりそのモノを入手出来る確率

これらの3つの要素をかけ合わせた値が高い程、モチベーションが高まるそう。例を挙げてみます。

 

【例1】
◎人気アイドルになりたい女性Aさん
1.アイドルになるとちやほやされてお金が儲かる(★×5)
2.オーディションを受けて合格すればとりあえずデビュー出来るだろうが…合格出来るかなあ(★×1)
3.養成所入って、番組観覧いっぱいして、オーディション受けまくっても…うーん。どうかなあ(★×1)
→5×1×1でモチベーションを示す★は5個

◎人気アイドルになりたい女性Bさん
1.アイドルになるとちやほやされてお金が儲かる(★×5)
2.オーディションを受けて合格すればデビュー出来るし私なら人気者間違いなし!(★×5)
3.私の美貌ならオーディション楽勝(★×5)
→5×5×5でモチベーションを示す★は125個

 

【例2】
◎超難関のX大学を目指す高校生Aさん
1.親にX大学行けと言われた(★×1)
2.塾と家庭教師でみっちり勉強して…相当勉強しないと無理っぽい(★×1)
3.ってか内申足らないのに無理だって(★×1)
→1×1×1でモチベーションを示す★は1個

◎超難関のX大学を目指す高校生Bさん
1.将来外交官になりたいのでX大学は有利★×5)
2.そのためには塾に家庭教師もプラスしてみっちり勉強(★×3)
3.ある程度勉強すれば突破出来るだろう(★×3)
→5×3×3でモチベーションを示す★は45個

 

★の数は解りやすい様に数値化しただけ。特に意味はないです。
2つの例ではAさんよりBさんの方が高いモチベーションを持つ事がわかる。これらの事から、どうしても実現させたいことや、努力すれば実現しそうなことの方が、意欲を持って目標に向かって行動できることがわかります。僕たちは仕事、あるいは学業でなかなかやる気が出ない時もあるし、本当はやりたくないけどやらなくてはいけない状況の時もある。もし「モチベーション下がりまくり」になった時は、そのやる気の原動力やそれを誘発する3つの要素を考えてみると、やる気が出ない本当の理由がみつかるかもしれない。

 

 ーーーーーーーーーーーーーー

6/8 10:51