完甘美の空腹

relish the beauty, kindness, perfect

真面目

「真面目」という言葉にどんな印象を持っているだろうか。

一般的な「真面目」のイメージとしては、嘘偽りがない、礼儀礼節を重んじる、時間や期限を守る、責任を全うする、常識や社会ルールを守る、遊びよりも勉強や仕事など与えられた立場・役割を全うする、とかだろうか。そして「真面目」のネガティブなイメージは、頭が堅い、融通が利かない、面白みがない(冗談が通じない)などが該当するだろう。広辞苑で引いてみると「嘘やいい加減な所がなく真剣である事、本気である事」と記してあった。「真剣」の意味は、「真面目に物事に取り組むさま・本気で物事に取り組むさま」、「本気」は「真面目な気持ち・真剣な気持ち」、と記されていた。辞書のそれぞれの意味から考察すると「真面目≒真剣≒本気」と言う公式が成り立つような気がしないでもない。

私の個人的な意見としては、「真面目≒本気」と同義にはできないと思う。私たちには意志があるから、嫌なものは嫌、やりたくないものはやりたくない、と言う気持ちがある。しかし、嫌だからやらないでは済まされない状況や立場の時もあるし、社会生活上やる必要性に迫られる時もある。そんな時は自分の意志を抑えて渋々取り組むことになる。目覚ましのアラームが鳴ってもなかなか起きられない。もっと寝ていたいけれど、学校や会社に遅刻しないために無理矢理起きる、なんかは分かりやすい例なのではないだろうか。つまり、自分の意志と反する行為は本気とは言えないのではないか、と思うのだ。屁理屈っぽいのは否めないが。

だが、この世の中にごく稀にいる頭にクソがつく程の「真面目」な人は、常に真面目でいなくてはいけないと思い、真面目を生真面目に実行しようとしていて、普段から自分の意志や感情を抑えている傾向があるように思える。特に、子供の頃は遅刻せず学校に通い、熱心に勉強を続け、親の言いつけをきちんと守る所謂「良い子」や「優等生」であり、その後大きな反抗期も親への反抗もなく(他人の目から見て)順調かつ「真面目」に育った人ほどこの傾向は強いと言えるだろう。意志や感情を抑え続けていると、次第に意志や感情をはっきり実感する前に自動的に心の奥底にしまい込むようになるのだと思う。そして、自分の本当の意志や感情と自分の行動が反している事がストレスとなるはずが、本当の意志や感情を実感できていないためにそのストレスに気付けない。更にはプライベートや恋愛など自分の気持ちに素直に行動していいとき(寧ろそうすべき時)ですら、真面目でいなくてはいけないと思い真面目な行動をとってしまう。それが「真面目」のネガティブなイメージに繋がっているのだろう。また、自分の本当の意志や感情を抑えるのは「嫌だ」「やりたくない」とかのネガティブな意志や感情だけではなく、「楽しい」「嬉しい」とかのポジティヴな感情も同じように抑えてしまうため、このタイプの人は心から「楽しい」とか「充実している」と感じることがなかなかできない。しかも、ポジティブな感情を実感できない原因に気づかないために、「つまらない日々」「充実しない毎日」が他者によってもたらされているのではないかと考えることもある。

かなりシビアな意見だけど、一般的な「真面目」のイメージで挙げた事象の多くは社会人にとって「出来て当たり前」と考えた方がいいのかもしれない。それは社会人がたとえ無遅刻無欠席でも、取引先の上役に礼儀正しく対応しても、それだけでは上司や会社から褒められる事はないのだから。できて当たり前な事なのだから。ならば「真面目でいなくてはいけない」という理屈ではなく、どうすれば上手く自己管理が出来るか、どうすればスキルアップが出来るか、を考える方がずっと創造的で建設的なのかもしれない。そうは思いたくないが。 

ところで、真面目にはもうひとつの意味がある。

真心のあること。誠実であること。誠意のこもっていること。真心も誠実も誠意も、私利私欲がなく、偽りや飾りのない真実の心やそのさまを意味している。

自分の本当の意志や感情を抑えているクソ真面目な人が、偽りや飾りのない真実の心を他人に見せる事は難しいかもしれない。そういった意味では、クソ真面目は本当の意味での真面目ではないのかもしれない。毎日がつまらないと感じているクソ真面目は、まず真面目でいるよりも、自分の本当の意志や感情と向き合うところから始めないといけない。

 

 

マジメすぎて、苦しい人たち―私も、適応障害かもしれない…

マジメすぎて、苦しい人たち―私も、適応障害かもしれない…