慇懃無礼

  小学生の時、クラスに一人くらいは「好きな子をいじめる男の子」いたよね?いじめられた女の子は乱暴で粗雑な態度ばかりとる男の子を好きになるのは難しいだろうと思う。冷静に考えると逆効果で不毛な愛情表現だ。子供だから感情が発達していないせいだ、と思うかもしれない。けど、大人になった僕達も、日常的にあの男の子と同じ事をしていることもある。

 

  「慇懃無礼」という言葉がある。
意味は「表面は丁寧で礼儀正しいように見えるが、実は尊大で無礼なこと。また、そのさま」。心理学では「反動形成(reaction formation)」を知る際に、この慇懃無礼がよく引き合いに出される。反動形成とは(許されない、または受け入れがたい)自分の感情や考えを抑えるために、逆の態度をとってしまうことだ。慇懃無礼も、いじめる男の子も反動形成の典型的な一例と言えるだろう。

・大好きな上司と喋る時はタメ口も入るけど、嫌いな上司に対してはやたらと丁寧な言葉で話す。
・本当は苦手な人だけど仲良くしている(または嫌いな人だが表面上仲良くしている)。
・好きな相手に対して、つい事務的な態度や冷たい態度をとってしまう。


このあたりはまだ序の口。

  自分の本当の感情・考え・欲求が、自分の観念や道徳観、世間の常識から外れていると無意識的に強く感じている場合の反動形成はなかなかに手強い。例えば「今の仕事を嫌いになってはいけない」「仕事を辞めるのは常識ハズレ」と思う気持ちが強いと、仕事が嫌いだ、仕事を辞めたいと言う自分の本当の気持ちがあっても気付きたくなくなる。なぜなら、自分の本当の気持ちを認めることは、自分を否定する事になるからだ。そして、心の奥底に「なかった事」として押し込むための手段として、反動形成で仕事を一生懸命、半ば強迫的に頑張り過ぎてしまうのだ。他にも「親は大切にしないといけない」と思っているのに親を憎む気持ちを持っていたら、人一倍親思いになるだろう。「セックスは汚い事」「セックスはいけない事」と思っているのに性欲があるならば、強いプラトニック志向になるだろう。「プライドが高いのは良くない」と思っているのにプライドが高いならば、自分を卑下するタイプになるだろう。

  このようなカラクリで自分の思いを「なかった事」にしてしまうために本当の自分の気持ちに気づかなくなる。もちろん、その反動で正反対の態度をとっている事にも気づかない。先の「仕事」を例にとると、ふっと疲れている自分に気付き、何となく違和感に気づいたとしても、その正体にはなかなか気づけない。「自分がどうしたいのか解らない」なんて思いになってしまうこともあるだろう。自分を縛っているたくさんの「観念」に気付き、少しずつ捨てる事が出来れば本当の自分を見つけられるかもしれない。

 

---------------

5/9 10:20