完甘美の空腹

自分用 面白かったら感想お願いします

数学が嫌いな人ほど数学に喰われているという皮肉

「数学なんかやって何の意味があるの?」

因数分解が何の役に立つの?」

よく聞く話です。

僕も数学というか算数が大の苦手で、2分の1+3分の1=5分の2なんて答えていたのをよく覚えています。

ていうのはどうでもよくて、今回は消去法の話です。

 

数学が苦手なKくん。

「今更何をやっても無駄」と言い訳し、

「自分には向いていなかった」と投げ出し、

「こんなことできるはずがない」と諦める。

こんな現実逃避で自分の将来を絞っていき、

ついにはフリーターになったとさ。

めでたしめでたし。

 

これ、めちゃくちゃ数学的だなと思うんですよね。

ここでいう数学的というのは、

Kくんが「自分の不可能性を自覚することで自らの可能性を狭めている」っていう点についてです。

これはいわゆる消去法です。

数学においては背理法と呼ばれていますね。

 

じゃあ消去法(背理法)ってどんなものかというと...、

「いくつかある選択肢の中に正解があると仮定して、与えられた条件に不適なものを取り除いていき、残ったものが必然的に正解となる─。」というものです。

 

ん?数学が苦手なKくんもさっき似たようなことをしていましたね。

Kくんは自分の中に自身の進路があると仮定した上で、

言い訳することで自らの不可能性を自覚して

(選択肢を絞り)、

投げ出すことで自らの可能性を狭めて

(不適なものを取り除き)、

諦めることで進路を確定する

(残ったものが必然的に正解となる)。

おお!見事な消去法です。

数学が苦手だから数学から逃げて将来を決めていたはずなのに実は数学に将来を決められていた...という皮肉を感じた一節でした。

 

まあ数学が苦手な人に限った話ではないんですけど、こういう思考に陥りそうになったときに「あ、今数学に喰われそうになってる」って気づくと若干立ち直れるようになれますよ。きっと。

 

---------------

3/22 22:39