完甘美の空腹

日記 自分用

ラオス旅行記8日目

 f:id:imkotaro:20170311171352j:image

 f:id:imkotaro:20170311171413j:image

f:id:imkotaro:20170311171428j:image

夜はこういう雑多な飯屋が並ぶ。

皿という名の洗面器に盛り放題で15000キップ(約225円)、コスパ的にはここが1番いいっぽい?

 

3/10 金曜 ルアンパバーン

 

7時起床

事前に聞いていた美味しいカオソイ屋に向かう

7:30-12:00だが11時頃には売り切れてしまうので朝から行くのがベターらしい

しかも店名はなくワット・セン(セン寺)の正面としか言われなかった

f:id:imkotaro:20170311124446j:image

あった、混んでるし絶対ここだ......。

f:id:imkotaro:20170311124755j:image

メニューはカオソイとヌードルスープの2択のみ

渋い。。。

f:id:imkotaro:20170311124753j:image

f:id:imkotaro:20170311124832j:image

やっぱり薪コンロ 出汁の鍋には玉葱と何かの肉塊が浮いてる

f:id:imkotaro:20170311124907j:image

左の平打ち面がカオソイ用、右の細麺がヌードルスープ用

f:id:imkotaro:20170311125117j:image

今日の草 レタスいんげんクレソンミントライム

f:id:imkotaro:20170311125208j:image

器がめっちゃきれい。。。。いただきます!!

かなりあっさり系で気持ちピリッとするくらいで美味しい出汁の味が引き立つ

ライムやヌクマム、ナンプラーなどの調味料で味を変えやすいので毎日でも食べれる感じ

ごちそうさまでした、うまかった

f:id:imkotaro:20170311154201j:image

お次は市内から車で30分程のところにあるクワンシーの滝に渋々行った

というのも、ルアンパバーンですることと言えば

・カオソイ食べる

・ナイトマーケットに行く

・象乗り体験をする

・洞窟を見に行く

・クワンシー滝を見に行く

のどれかしかない。カオソイとナイトマーケットはもう満足したし象はインドで散々な目にあったし洞窟は興味ないから消去法でクワンシーの滝。

入場料20000キップ(約300円)だがしれっと入ったら素通りできてしまった。

f:id:imkotaro:20170311154718j:image

全体地図かなり広い

f:id:imkotaro:20170311154558j:image

入るとまずクマ園。なんでクマ????

f:id:imkotaro:20170311154802j:image

そしてほとんどが寝てる。まあ暑いし気持ちはわかる

f:id:imkotaro:20170311161633j:image

他にも猫とかスローロリスとかいるらしい

f:id:imkotaro:20170311155014j:image

奥に進むと滝から流れてくる川でみんな泳いでいる

f:id:imkotaro:20170311161011j:image

 f:id:imkotaro:20170311161031j:image

行ったことないけど九寨湖みたいな?

色が完全にバスクリンで入りたくはない。笑

f:id:imkotaro:20170311161138j:image

なんでこの水は青いの?

水が流れて削れた石の成分が光に反射して云々

f:id:imkotaro:20170311161247j:image

お目当のクワンシーの滝!!

まあ涼しいなーっていうくらいの感想、バスクリン色が嫌すぎる

脇に滝の上に登れる道があるので行ってみる

f:id:imkotaro:20170311161543j:image

f:id:imkotaro:20170311161621j:image

お?お??急すぎる、、、、、、、、

f:id:imkotaro:20170311161716j:image

長ズボンでビーサンなんですが。。。。。

完全にミスった

f:id:imkotaro:20170311161758j:image

f:id:imkotaro:20170311161813j:image

なんか清流が流れてるだけ。

帰りも同じ道、5回は転んだ

f:id:imkotaro:20170311162024j:image

疲れたのでビール!うーん最高

ゆっくりしながら水着のお姉さんを凝視してた

f:id:imkotaro:20170311154916j:image

それは反則じゃないですかね...........?????????

横乳がすごかった色々やばかった

f:id:imkotaro:20170311162250j:image

お土産屋とか。まじで何にもない

 

ちょっと脱線します

昨日の僕のツイートです。あともう1つ

これで僕の言いたいことを何となく察して貰えると思います。

ラオスはもちろん東南アジアなんかの日本と比べて貧しい国や地域ではこういう光景が当たり前です。

自分の意見としてはこういう宗教が人々に説法をして甘い汁を吸うのが阿漕で嫌いな反面、もしも心の底からその宗教のドグマを信じ切れているなら幸せだしそれでもいいのかな、とも思います。

もし教育や医療や安全な環境をその国に整備するべきだと思うならボランティアや寄付金をするのではなく、実際に観光客として現地に訪れて宿に泊まったりご飯を食べたり豪遊したりしてその地域にお金を落としましょう!

それが巡り巡って必ず彼らの幸せになります

 

脱線おわり

f:id:imkotaro:20170311165023j:image

そんな事を激甘なコーヒーを飲みながら考えていた

f:id:imkotaro:20170311165616j:image

f:id:imkotaro:20170311165345j:image

f:id:imkotaro:20170311165432j:image 

市内に戻ってプーシーの丘で夕陽を眺めに行く

ルアンパバーン全体が見渡せるくらい高い

それ程市内全体が低いのか?ビルとかないしな。

f:id:imkotaro:20170311165410j:image

f:id:imkotaro:20170311165549j:image

 メコン川に夕陽が映り遠くの山々に日が落ちる

美しい、、、、。

f:id:imkotaro:20170311165815j:image

晩ご飯はラオス風BBQ

f:id:imkotaro:20170311165842j:image

f:id:imkotaro:20170311165924j:image

f:id:imkotaro:20170311165901j:image

野菜と肉と調味料が出てくる

勝手がわからないので他の人を真似しながら食べる

f:id:imkotaro:20170311170717j:image

物としてはタイ風すき焼きによく似てる

日本でいえばジンギスカンみたいな?

牛肉が固すぎた事以外は特に。30000キップ(約450円)、うまかった

f:id:imkotaro:20170311170847j:image

夜市でお土産買ったりして帰宅

f:id:imkotaro:20170311170942j:image

のち、おしゃれなバーで深夜まで遊んだ

f:id:imkotaro:20170311171114j:image

ラオス最後の夜。色々あったな、、、

帰りたくないな、、、、、、、、、、、、笑

深夜3時くらいに寝た。 

 

明日は特に何もしません日本に帰ります。

今回の旅行まとめを書く予定

---------------

 日本から一定期間脱出していないと「日本の本来の良さ」を実感として理解するのはどうしても難しいと思う。よく言われる事だけど、若い人は早いうちに海外に出て、世界では通用しない「日本の常識」とは何か?を知った方がいい。

特に大学生なんかは暇だしバイトすればお金はどうにかできるし元気もあるから幾分危険だったり汚かったりするところに行ける。歳を取ってしまうとそういう肉体的に厳しい場所には行けなくなるから本当に行くなら今。

「いつか行きたい」「そのうち」「暇になったら」「お金がないから」

そういうネガティブな言い訳をしてちゃいつまでたっても行けない。お金がなくても時間がなくてもとりあえず行く!

旅や旅行で大事なのは金、時間、ノリ、勢い。

数ヶ月も前からじっくり計画立ててするようなもんじゃない

ぎっちり予定詰めていたらハプニングや僥倖を楽しむ余裕がなくなっちゃう。特に旅は一期一会だからその一度を最大限楽しまないとね?

 

f:id:imkotaro:20170311172349j:image

3/12 ルアンパバン 13:40 スタバ的なカフェでアイスカフェラテ飲みながら