完甘美の空腹

自分用 面白かったら感想お願いします

思ったこと

「言葉」という言葉

流れとしてはこの記事(前回)の続きで、 内容としてはこの記事の補完になります。 これまで「言語とは何か」という問いについて語ってきたが、述べてきたことを踏まえるとそれはあっさりと答えられるような問いではないだろう。 というのも、「言葉とは何か」…

「振る舞い」としての言葉

imkotaro.hatenablog.com こちらの記事の補足、というか補完になります。 ジョン・L・オースティンという20世紀の英国哲学者によると、言葉は振る舞いの一種であるらしい。例えば、「結婚しよう(Will you marry me?)」という言葉は、婚姻関係への意思やそれ…

人間本来の暮らし

「街を捨てて自然と共生する人間本来の暮らしに還ろう」的な話あるけど、考えてみれば人間には寒さを凌ぐ毛皮も外敵から身を守る牙も俊足もないからこそ身を寄せ合って集団を社会を形成してきんだから、集団や社会の中で生活するのが人間本来の暮らしだよね…

アイデンティティ

アイデンティティという言葉を知っているだろうか。要は「自分という人間は何者なのか」という問いなのだが、これが問われ始めたのは近代以降の「人間」の再発見がされ始めてからだと言われている。「いやいや嘘つけ、絶対昔の人だって絶対迷っていたに違い…

ホットコーヒーが美味しい季節

甘いコーヒーが飲みたいときは砂糖を入れるんじゃなくて、ミルクでもなく、生クリームを入れる。砂糖にはない特濃牛乳のようなまったりした甘さがいい。砂糖の気分のときもある。ミルクのときもある。コーヒーにプリンのときもある。なんでもいい。なんでも…

について思うこと

意味とか価値とかは置いとくとして、ここまで一人で到達するのは本当に苦労した。 その苦労に見合うだけの価値を、自分はできるようになったとしても、自分自身に見出すことができないかもしれないという不安が付き纏う中、それでもできるところまで突き詰め…

どうでもいい人にこそ素直でいられる

「ああ、このことは人に言わないでひとりで傷ついておこう。きっとこういう痛みや悲しみは忘れちゃいけないから、ふとした時に思い出して悲しい気持ちになろう。」みたいなことがあったんだけど、酔った勢いで雪崩るようにベラベラと話してしまい、とても後…

imkotaro.hatenablog.com 続きの続き。前回の簡単なまとめです 挙げた3宗教(イスラム教,キリスト教,仏教)について 戒律の厳しさ:仏教<キリスト教<イスラム教 祈る回数の多さ:仏教=キリスト教<イスラム教 祈る時間の長さ:イスラム教<キリスト教≦仏教…

祈るということ

imkotaro.hatenablog.com この回の続き。具体的な祈りについて僕の体験を補足しておきます。 一応前置きを引用。 「祈りとは世界の意義(意味)についての思考である」 『論理哲学論考』ウィトゲンシュタイン より 祈っているとき、僕らの祈り(という形)をとっ…

面白そうだから

ふと振り返って、やってきたことに意味はあったのかと問いかける。思えば自分の人生のその時々は意味なんて考えずに選択してきた。なら、いったい何を価値観として選択したのかと言うと、やっぱり「面白そうだから」としか言いようのない気がする。

上手く言えない

最近、心で感じることが上手く文章に起こせない。もともと文章作りは得意じゃないけど、これに関しては文章力や筆力がないというより心で感じることが多様・複雑化しているからのような気がする。実際、思ったことや感じたことを言葉に出すと驚くほどシンプ…

冗談を言うという憂鬱

自分はコミュニケーション能力に致命的な欠点があると悟って以来、いや、もしかしたら鬱の歪んだ認知でそう思ったためか、まあどっちでもいいんだけど人と話す前には会話をある程度シミュレートする癖が付いた。なので会話にネタを仕込むことくらいは普通に…

自意識過剰

誰でも「自分が他人からどう見られているか」を考えるのはごく自然なことだだろう。それがあるからこそ、かしこまった場所ではスーツを着て髪型を整えるだろうし、厳粛な席でお酒が出されても酔いつぶれないようにセーブしようとするし、グループのリーダー…

欲求と満たされ度合い

お腹がすいた。 眠い。 楽しいことをしたい。 美味しいものを食べたい。 面白いものをみたい。 ふらっと海の綺麗な南の島国に行って1ヶ月くらいのんびりしたい。 缶のドクターペッパーが飲みたい。 朝早く起きてクーラーの効いた部屋で一日中本を読んで過ご…

瓦解

抗鬱剤が効いているらしく、眠くてかなわないが本を読む程度の頭の回転は戻ってきたので、何冊か読んだ。僕は自己啓発本みたいなのを毛嫌いしているのであまり手を伸ばしてこなかったんだけど、鬱でまた人格にリセット掛けないといけなくなってしまったので…

書き留める

変わってしまったことに悲しくなったり、変わらないことに苛立ったりする日々の中で。自分自身はどうなのだろうか、と問いかける。あの頃とは違う自分に変われたのだろうか。あの頃とは違う自分に変わってしまったのだろうか。 好きだったものが好きじゃなく…

今日思ったこと

一日のすべては朝早く起きることだな、と思った。 運動してないと1日に食べる量は人並み以下だな、と思った。 それでもご飯は食べなきゃ死ぬのかなと思ったけど昔いつまで食べずに居られるかってやったのを思い出してそういえば死にかけたな、と思った。 や…

別れ離れ

最寄り駅の隣の隣の駅では毎年この時期に七夕のお祭りをしている。中学生くらいまでは必ず行っていたのに、このところめっきり行かなくなってしまった。そういえば七夕の織姫と彦星の話ってちゃんとした由来を知らないなと思ってぐぐった。 天の神様の娘「織…

テセウスの船

テセウスの船というパラドックスがある。老朽化した船を新しい木材で補修していきすべての部品を置き換えたとき、それは元の船と言えるのだろうか?というもの。 これを人間で例えるとどうだろう。人間の身体全体はおよそ37兆2000億個の細胞から成って…

罪の意識

以前、友人と猫と犬どっちが好きか論争をしてて、犬には喜びや悲しみがあるけど、猫にはない、あいつら満足か不満足かだけなんだって話になって、宗教をもつとしたら犬の方だろうってところに行き着いた。この頃しばしば考えるんだけど他の生物にはなくて、…

文系の大学生は勉強しないというよりする機会を奪われている。文系は文書を書く専門技術を学ぶところなのに、そのための教員数が絶対的に不足している。現行のシステムは、例えば美大の学生がひたすら他人の作品を見せられて四年間を過ごし、卒業間際にじゃ…

考えることはいいことなはずなのに、考えれば考えるほど、大抵いいことは考えなくなるんだよなあ— kotaro (@imkotaron) 2017年4月21日 考えて考えて考えて考えて考えて考えて、それでもまた考えて考えて考えて考えて考えて考えた末に辿り着くのは求めていた…

それでもこの社会はバグってる

月曜日のこの時間に、酔ってる訳でもなく憔悴しきったスーツ姿のサラリーマンが電車に死んだ目で揺られてるのを見ると、はやく全てをぶち壊さなきゃという思いと、はやくここから逃げ出さなきゃという思いが上手いこと交差して、なにかしらのアウトプットの…

今行きたい国。次行きたい国。

以前、旅行に必要なのは「金と時間とノリと勢い」、と言った。「金」は旅行費用もろもろ。航空券代金、宿泊費、移動費、食費、お土産代とか。「時間」は要はお休み。休暇。僕は旅行に行くとき、少なくとも飛行機の移動時間の倍以上は現地で遊んでいたい。例…

好きだったテレビ番組

家に帰って晩御飯を食べているとき、よくテレビを見ている。ほぼ毎日観ているのが「報道ステーション」、「NEWS ZERO」、「NEWS23」。 好きでよく見るのが「カンブリア宮殿」、「世界ふしぎ発見」、「世界の車窓から」、「世界の街道」、「夜の巷を徘徊する…

必要としているもの

知識で人格を作ることは不可能だ。 欠落はそれが欠落していることを意識から除外することで欠落であり続けて来たはずだ。 ということは、今まで求めてきたものの中に、自分が必要としていることなど何も無い。 治療のためには、本を読むことに娯楽以上のモノ…

‪「チッ」て言われてそれを舌打ちと取るか投げキッスと見るかで世界は変わる‬

僕は割と文化の階層性みたいなものを信じていて、エロや胃袋への快楽、それに至るまでの経路が婉曲に婉曲を重ねているものは趣味としても高尚だと思っています。盆栽とか、陶芸とか。見栄でなく、本当に心の底から楽しんでいる人は文化的だと思う。文化とい…