完甘美の空腹

自分用 面白かったら感想お願いします

「言葉」という言葉

流れとしてはこの記事(前回)の続きで、

内容としてはこの記事の補完になります。

 

これまで「言語とは何か」という問いについて語ってきたが、述べてきたことを踏まえるとそれはあっさりと答えられるような問いではないだろう。

というのも、「言葉とは何か」とは、それも言葉で問うのであり、「言葉」という言葉もまた言葉のひとつなのだ。だから、その問いは諸々の言葉の中での「言葉」という言葉の意味を問うことだろう。とすれば、言葉の「意味」が何かをまず定義しておかなければならないが、そのためには言葉をは何かを知っていなければならない、という様にこうした堂々巡りになってしまう。

それなのに、ひとはついうっかりと、言葉の通常(本来?)の導きに従って、「~とは何か」に応える通常のやり方で「言語はコミュニケーションの1ツールである」などと答えてしまう。そう口にした瞬間、それに応じて「言葉」という言葉の意味は、意思疎通や情報伝達として「意味」という言葉の意味も物事や観念として定まってしまうのにも関わらず、だ。

言葉という言葉の意味について考えることは、おそらく僕たちの日常の言葉の経験から切り離されてしまうことだろう。それにも係らず、言葉は言葉で「分かった」とする明晰さを、本当はその答えにも与えてくれている。「言語とは何か」と問いながら、言葉という言葉の意味を恣意的に語る人はつまり、言葉については何もわかってはいないのに、そのことについて”分かっている”と思い込んでいるひとなのだ。

実際、言葉ほど、言葉のなかで捉えどころのない言葉はない。数学における数と記号、緻密で概念的な言葉や厳格な命令の言葉から、立ち話でのおしゃべりや唄声、呪詛や祈祷や叫び、鳥や動物たちの啼き声、そして風景の持つ自然学的な言葉に至るまで、すべては言葉であると言えなくもない。これは逆説的ではあるが、「言葉」というひとつの言葉のなかに、言葉という言葉の全幅の意味が含まれている訳ではなく、「言葉」という言葉の意味は、「言葉の意味」よりも、思い掛けなくずっと広い。しかも、それが一つであるとは限らないのである。

したがって、「言語とは何か」と問うことは、漠然とした人が理を持つ多様な言葉のなかから、特定の種類の領域や権限を選び出す(あるいは取捨選択する)ことに他ならない。その、どの一つを選び出すべきなのか、記述すること・お願いすること・頼むこと・宣言すること等の権限や能力が挙げられるかもしれないが、これらのいずれもが、日常で経験する言葉の一種であるとはいえ、言葉はそれらの権限や能力の掛け合わせでもなければ、どれかの権限や能力がその重心や基本的要素となる訳でもない。そのいずれかを真の言語、言葉の模範とするのでは、言葉を捉えそこなってしまうだろう。

それでも、誰かがこれらを総じてひとつの「言語」とみなし、「言語とは何か」と問いはじめるとき、その人の念頭にある経験の、どんな権限や能力をもって言語とするかが、「言語とは何か」という問いへの偏った回答を遽しく構成し始めていて、それによって人々に言葉遣いを強制しようとする、その隠された情念が垣間見え出していることに、どうして気づかずにいられるだろうか。

言葉は、音楽や美術とは異なって「その言葉の言い方は変だ」などという様に、自身についても語ることができる。それで人々は、言葉によって言葉自身について語り始める。そのとき言葉は権限や能力を変えて「言語(language)」と呼ばれるようになるのだが、そのような「二次的な言葉」は、語る人々への威力を確かに有している。

というのも、「言語とは何か」という問いに答えることは、それを以て言葉の評価基準にすることである。例えば、言葉は「コミュニケーションの1ツールである」とされるとき、そうしたタイプの言葉の上手な人が社会的に評価されるようになる。それは組織のいて活動するときに有利な、その人物の特性に過ぎないのに、言葉の正しい在り方とされてしまう。そのようなタイプの言葉が下手な人は、

「巧言令色鮮し仁」

論語』より

という言葉もあるように、言葉のもっと別の在り方において優れている人かもしれない。

学問のため、或いは便宜のために、中立的に言葉の定義について語ることができると考えている人たちもいるが、それによって当該の言葉を他の人々がその意味で使わなければならなくなるのだから、それでもやはり、誰もが受け容れるべき価値について語っている。定義をくだすことができるのは、いずれにせよ権限や能力を背景としてだろう。

言葉の定義をめぐる争いは、なるほどそれをすることが社会において効力をもつからこそ、そうされる。大学、病院、法廷、会議などがまさにそれに当たるだろう。言葉について語ることとは、フーコーが『生政治の誕生』で述べていたように、言わば医師が患者へ病名について語るその瞬間、それは患者の投薬や施術や生活全般について命令しているようなものであり、自分の社会的立場やイデオロギーに依拠して、他の人々が、何を知覚して、何を認識して、何を価値として、何を基準にして、どう振る舞うべきかについて強制しようとしているのだ。

 

・参考

『現代哲学への挑戦 (放送大学教材)』(船木亨)

現代哲学への挑戦 (放送大学教材)

現代哲学への挑戦 (放送大学教材)

 

『生政治の誕生』(Michel Foucault

 『言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学』(野矢茂樹西村義樹

 他、今までの記事で紹介したCiNii論文など。

 

 

---------------

11/4 11:20

「振る舞い」としての言葉

imkotaro.hatenablog.com

こちらの記事の補足、というか補完になります。

 

ジョン・L・オースティンという20世紀の英国哲学者によると、言葉は振る舞いの一種であるらしい。例えば、「結婚しよう(Will you marry me?)」という言葉は、婚姻関係への意思やそれが可能な条件に付いての情報を提示しているのではなく、その言葉を放った人とその言葉を向けた人の二人とそれらを取り巻く人々の関係を、それまでとは全く異なったものへと変えてしまう。そんな力があるからこそ、その言葉を口に出すことにひとは緊張する理由を持つのだと思う。

なるほど、普通に考えてみれば「言葉」と「振る舞い」は対立する。口先ばかりの人もいれば、言葉通りに振る舞おうとする人もいる。振る舞いで自らを示す人は、言葉少なであることも少なくない。むしろ、振る舞いを記述する言葉は、儀礼規範や教科書のような、一種の特殊な「言葉」であり、言葉という「振る舞い」と、振る舞いを約束する言葉や振る舞いの結果としての「言葉」があり、振る舞いと言葉とは、浸透し合っているのだろう。

ただ、振る舞いに直結するの宣言や命令のような一方的な会話だけでなく、もっと複雑な会話においても、いちいち言葉が指し示すものを想起する必要はない。なぜなら指し示すものが共通でない場合、会話はすれ違うと言われるが、実際には会話のすれ違いから会話が不可能になることはまずない。人々が会話をするとき、同一の意見や情報の共有が目的のコミュニケーションとして、あるいは同一の観念について確認したくてそうする訳ではないように、同一の、既に知っていることならば、あえて会話する必要もなく、あるいはそもそも言葉で確認できるようなものでもなく、逆にその意味がすれ違っているからこそ、人々は会話するのかもしれない。

つまり、一人ひとりがそれぞれ異なった経験を持っているのだから、語ろうとする言葉の意味はつねにお互いにずれているが、そうであってなお、しかし語り合うことを通じて、それぞれの言葉の意味を少しずつ変えていくのだ。むしろ、会話とは、このようにして「経験が多様化」していくこととも考えられる。そう考えると言葉の意味は確定できないことになるが、言葉とは、無数の語とその組み合わせによって、差異をより具にしたり、紛らわせたりする振る舞いに他ならず、そうした振る舞いをそれとは異なった言葉が引き継いでいくが、そうした差異によってこそ、会話が成立しているのだと思う。

人は、嘘の反対物として「本心」や「事実」を想定してきたが、思うに、言葉においては、意思や情報を完全に指し示そうとすることよりも(あるいはイデアを捉えようとすることよりも)、ある特別な人の、ある時ある場所での「一言」こそが重要な様に思う。法律が故人の意思(遺言)を尊重して権力と意味を付与するように、一人の人物の心に、メルロ=ポンティが説いた「意味の核」のようなものを産み出す「言葉」は確かにある。ジョン・L・オースティンのいう「振る舞う言葉」は、それをめぐって自らの生き方を決めていく、そんな真実の言葉を語ることこそ、言葉について考えつことなのだろう。

 

参考

・ 『言語と行為』著・ジョン・L・オースティン

言語と行為

言語と行為

 

 ・『意味と無意味』著・メルロ=ポンティ

意味と無意味

意味と無意味

 

 ・CiNii『「ものが見える」ことと「ことばが分かる」ことの間:メルロ=ポンティにおける言語活動としての哲学の場』

 ・CiNii『メルロ・ポンティの『行動の構造』における「意識」の多義性と「統合」について』

 

 

---------------

10/24 23:26

あともう2記事ほど書く予定です。この記事で触れた「表象」から「意味」を、「意味」から「差異」についてのそれぞれで深めます。最近になってルソーの偉大さをじわじわと感じざるを得ずになくなってきました。アメリカ独立やフランス革命はルソーの『人間不平等起源説』と『社会契約論』が発端だし、もっと言えば今の資本主義や社会主義もルソーから来ています。もちろん専らお熱な「表象」についても何かとルソーが関わってくるのでそろそろお歳暮でも送らないと申し訳なくなってきました。誰か住所知ってたら教えてください。ルソー様様。

f:id:imkotaro:20171024234015j:plain

イケメン。

 

人間本来の暮らし

「街を捨てて自然と共生する人間本来の暮らしに還ろう」的な話あるけど、考えてみれば人間には寒さを凌ぐ毛皮も外敵から身を守る牙も俊足もないからこそ身を寄せ合って集団を社会を形成してきんだから、集団や社会の中で生活するのが人間本来の暮らしだよね。エコもロハスも所詮は人間様の驕りですよ、

 (僕のTwitterより)

個人的に会心の140字だったのでこちらにも。

そもそも僕はその系統を専攻しているのでこんなことを言うとゼミ教授から殺されそうですが、まあそれは置いておくとして。つまるところ、僕を含めて人間は自分本位なので、とことん自分が何をしたいのか、何を求めているのかを突き詰めていくのが正解なのだと思います。それも最初から正解の道なんてなくて、選んだ道を正解にしていく。これが唯一の解法ですよ。それが「美味しいご飯を食べたい」とか「見たことのない世界を旅したい」とか「誰かと幸せに暮らしたい」とかでも、別に何でもいいんだよね。結局は。その上僕なんかは「自分がこうだと信じることに対して、他人から何かを言われたくらいで揺らぐような信念(信仰)を持って(して)いるから、そんなにも簡単に他人に心を侵されるんだ」とも思ってしまっているので何とも言えないし言うべきですらないと思ってる。いや、365日こんな思考で過ごしてたらそれはさすがに人間辞めてるから、たまに、です。たまに。

本当だよ。

 

---------------

10/15 22:47

ちなみに余談ですが「獣(ケモノ)」は元々、「毛物(ケモノ)」から来ているみたいです。毛のある生物だから毛物、ケモノ、獣。言葉って面白い。