読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kotaroの日記

自分用 面白かったら感想お願いします

「好きこそ物の上手なれ」は半分正解で半分間違い

  テレビでボルダリングの選手の特集みたいなのを観た。20歳そこそこに見えるその日本人は着の身着のままで壁をひょいひょいっと登っていく姿はこいつ本当に人間か?と疑うくらいには異様な光景だった。番組の終盤、世界を転戦するプロボルダリスト(?)の彼はアジアチャンピオンにあと一歩で届かず、それでもインタビューで「やっぱりボルダリングが好きだ。また次、挑戦する」と言っていた。ああ、この人はきっと本当にその競技が好きなんだな、と思った。

  また、以前湘南マラソンのボランティアに行ったとき、22歳からマラソンを始めて60歳を超えた今でもフルマラソンの大会に出続けているという人に会った。話を聞くと「いい結果が出ると楽しいし、やっぱり競技はいいものだ」とフルマラソンを完走した後にも関わらず笑いながら言っていた。その人は競技成績は全くだったが、楽しんで大会に参加していた。ああ、この人も本当に競技が好きなんだな、と思った。

でもこの二例は別物。だと思う。

  今までに何か競技をしたという経験はあるだろうか。ちょっとやそっとではなく1,2年以上の長い期間、それなりに身を入れて。競技は競り合って優劣を決めるものだ。そこが楽しいと思うけど、それがまた楽しくなくなる要因でもある。僕は高校に入って何となく陸上競技を始めた。高校から始めた僕は大会ではもちろん結果は出ず、週6回ある練習には真面目に取り組んでいたつもりだったが全く結果が出なかった。あれだけ辛い練習をしたのになんで結果が出ないんだ。頑張った。ちょっとかもしれないけど確実にちょっとは頑張った。頑張ったんだから、そのちょっとぐらいは返ってきてもいいじゃないか。そう思っていた。よく考えれば、返ってくる訳がないのだ。競技はそんな甘いものじゃない。考えてみれば当然のことだった。当時は何となく始めた競技だったから目的がはっきりしていなかった。あれは間違いだったと今でも思う。

  練習は辛い。レースはもっと辛い。だからこそ「なぜ、自分はそれをするのか」という問いに自分の中で答えを持っておく事が重要。不可欠と言ってもいい。だってそれがはっきりしていないと頑張れない。頑張る理由がない。何となくでは何となくの努力と何となくの結果しか生まれない。競技は競うものだ。そこには実力とか運とか戦術とか知識とか経験とか技術とか自信とか、色々な要素がある。本当にその競技で勝ちたいなら、競技で良い成績が取りたいなら、色々学んで工夫して努力するだろう。でも。そうはいかない事もある。わかっていてもできない時もある。

f:id:imkotaro:20170526120455j:image

漫画「ハイキュー!!」より

「"勝負事で本当に楽しむ為には強さが要る"」

刺さるわ。勝負事、つまりは競技をしていてどんな時が一番楽しいかってさ、結局誰かに勝った時なんだよね。その一瞬のために頑張れるのは本当に才能だと思う。冒頭で書いたボルダリングの選手はこっち側だろう。強い人の理由。強さの理由。強い故のやり甲斐。僕はまだそれを知らない。

  「好きこそ物の上手なれ」とは言うが、好きでい続けることの難しさを僕は知っている。楽しいだけじゃ続けていられない理由を僕は知っている。

では、冒頭後者のマラソンランナーはどうだろう。競技力では若い人には絶対勝てない。長い事続けているけど同年代の人に勝つほどの実力もない。でも、楽しいから、好きだから続ける。続けられる。これはまごう事なき本物。本物だよ。

競技が好きなのは純粋に競技が好きだからなのか、勝てる競技だから好きなのか。

 

---------------

5/26 12:24  

競技や勝負の勝ち負けは時の運もあるけど、芸術や文芸や音楽などの美術は優劣が競技や勝負の比にならないくらいはっきりする。勝ち負けではないけど、それ以上の歴然たる差を見せつけられる。だから競技も美術も好きだし、嫌いだ。いつになったら自己満足で続けられる域に行けるのか。

今行きたい国。次行きたい国。

  以前、旅行に必要なのは「金と時間とノリと勢い」、と言った。「金」は旅行費用もろもろ。航空券代金、宿泊費、移動費、食費、お土産代とか。「時間」は要はお休み。休暇。僕は旅行に行くとき、少なくとも飛行機の移動時間の倍以上は現地で遊んでいたい。例えばこの前行った石垣島は片道5時間かかる。往復で10時間、約半日。だから少なくとも丸一日は石垣島で遊べないと行きたくない。行先が遠くなればなるほど渡航時間も長くなるし乗り継ぎも多くなるから悩みどころなんだよね。「ノリ」と「勢い」は似ているようでちょっと違う。「ノリ」は楽しむ気持ち。次はどこに行こうかな、ここが気になるから見に行きたいなとか、あの食べ物がおいしそうだから行ってみたいなとかっていう逸る気持ち。「勢い」はもうそのまま勢い。欲望ともいう。行先を決めるときはいつもエイヤッここに決めた!っていう勢いで決めてる。旅行中もあっこれ気になるからやっちゃおう!とか、あの人綺麗だから声かけてみようっていう勢い。これらの条件というか要素が上手いこと合致するとよし行こう!ってなる。

  ただ一つ悩みがあって、僕は旅行にいつでも行けるけど行先は僕を待ってはくれないということ。例えばキューバカリブ海の美しい海に浮かんだあの島国はあと10年しないうちにアメリカに統合する。絶対する。そうなると社会主義国家時代の名残は一切合切なくなってしまうし、移民も沢山入るだろうしレトロカーが走るタイムスリップしたような街並みも消えてしまうだろう。そうなる前に行かなくちゃ。

  僕が4年?5年?くらい前に行ったカンボジアもそう。あの時はまだアンコール群域内も街中も整備されてなくて、道路はアスファルトじゃなくて土だから雨が降るとベッショベショのドロドロで車なんか絶対走れなくなるし、日中はずーっと停電していて夜の9時から朝の4時頃までしか電気が使えないし、観光客はまちまちで観光客向けの出店や施設も少なかった。でも今はどんどんインフラ整備も観光開発も進んで道路は綺麗なアスファルトでアンコール域内も道ができているし電気は通ってるし喉が渇けば出店で冷たいミネラルウォーターが買える。買えてしまうのだ。

  開発されて整備されて観光客がいっぱい訪れるようになってたくさんお金を落としてくれて現地の人にお金が回るようになる。とても良いこと。でも、ちょっと前まで見えていた停電で真っ暗な夜中に見える美しい星空はイルミネーションと夜通し観光客向けに営業している飲み屋の喧騒で掻き消された。クソ暑いアンコール群で子供から買った常温の水を木陰で飲んだ。ただの水がこんなに美味しいものかと感激した。が、今は世界遺産の真横に出店が出ていていつでもキンキンに冷えたコーラもビールも飲める。とても良いことなんだけど、何もかもある場所に行っても面白くない。何もないからいいこともある。だから僕はハワイとかグアムみたいに完成された観光地には行きたがらない。だっていつでも行けるじゃん、たとえ80歳のジジイになったって楽しめるよ。ハワイなら。グアムなら。でも、今の東南アジア、いわゆる途上国と呼ばれる国には今しか行けない。途上国なのは今だけだし、ちょっと無理した日程でも満喫できるのは今の若いうちだけだよ。今の東南アジアはあと数年で変わる。10年後には全く別物になる。断言できる。行けば分かる。金と時間とノリと勢いがあるなら絶対に行った方がいい。

  ラオスは4,5年前に訪れたカンボジアより整備も開発もされていなかった。また行きたい。カンボジアも、もう変わってしまったけどもう一度行きたい。ドバイは何にもない砂漠に完璧に整備された高速道路と高層ビルが立ち並ぶ開発度合いが0か100しかない異様な国だった。もう一度行きたい。キューバもそう。アメリカになる前に行きたい。あと、この先何回でも行くんだろうなあっていうのがモニュメントバレー。美しすぎる。朝焼け、夕焼け、星空。一日中見ていても飽きなかった。丸二日モニュメントバレーの近くにあるthe viewっていうホテルに泊まっていたけど、何日でも何か月でも居ていたいくらいだった。また行かなくちゃ。

  でも、まずは5大陸に足を運びたい。南アメリカ、アフリカ、ヨーロッパがまだだ。南アメリカならアルゼンチンに行きたい。氷河とアコンカグアイグアスの滝を見て、チョリパンとアサードを食べて、美人とタンゴを踊りたい。アフリカはエジプトにピラミッドを見に行って、イスラム圏のマックを食べて、南アフリカ喜望峰で野生のペンギンと会ってみたい。見た目が超好みな中東系の美人と出会いたい。ヨーロッパは、色々行きたいよね。うん。多すぎてパッと出てこないわ。

次はどこに行こうかなあ。嬉しい悩みだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5/24 15:39

 

 

 

好きだったテレビ番組

  家に帰って晩御飯を食べているとき、よくテレビを見ている。ほぼ毎日観ているのが「報道ステーション」、「NEWS ZERO」、「NEWS23」。

好きでよく見るのが「カンブリア宮殿」、「世界ふしぎ発見」、「世界の車窓から」、「世界の街道」、「夜の巷を徘徊する」、「情熱大陸」、「未来世紀ジパング」。

好きな人が出ていたら見るのが「アナザースカイ」、「バズリズム」、「おしゃれイズム」。

あとアニメ。今見ているのは「アリスと蔵六」、「アトム ザ・ビギニング」、「有頂天家族2」、「エロマンガ先生」、「月がきれい」、「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」、「リトルウィッチアカデミア」。「進撃の巨人 season2」は3話まで見て切っちゃった。アニメの話は長くなるのでまた別で。今期は「月がきれい」がお勧めですとだけ。

  僕が今より20倍くらいクソガキだった頃。小学生低学年くらいのときに大好きだったテレビが「世界ウルルン滞在記」、「どっちの料理ショー」、「ドラえもん」。

ウルルン滞在記は特に大好きだった。放映時間は今でも覚えてる。毎週日曜日の夜10時から11時。いつも眠くなる時間帯でも、この日だけはパッチリ起きて見ていた。毎回違う芸能人が異国に行って、現地人と触れ合って、ホームステイしたりしてなんやかんやで感動の展開になるドキュメンタリー番組だ。海外の砂漠やジャングルに住んでいる人々の生活や大都会なのに伝統や遺跡,宗教が入り混じった中での擬似体験がドキドキワクワクですっげえ好きだった。んで現地人が喋るカットが翻訳じゃなくて字幕だったんだよね確か。変な声色でこの人は何を言っているのだろうと不思議だった。ご飯もなにこれ?っていう見た目のやつをメチャおいしそうに食べていてハァ~~~ってなってた。「僕もいつかあんな風に自分の足で異国の地を旅してみたい」と子供ながらに感じたのもよく覚えている。

どっちの料理ショー」は、まあとにかくご飯がおいしそうでおいしそうで。司会者二人が2チームに分かれて似たような,対立してる料理を作っておいしさ勝負する番組。カレーvsハヤシライスの回なんてあった時にはもうよだれが止まらない。しかも毎回どっちも最強においしそうで決められないよね!!!!美味しいごはんに執着するようになったのもこれが原因かもしれない。

ドラえもん」は好きだったんだけど、本当は深夜アニメを見るためのダミーにしてた。ある日どうしても寝れなくて深夜になんとなくつけたテレビで見たのが「ローゼンメイデン」。当時7歳。こっからアニメ好きになったんだよね、懐かしいわ。。。

  で、だ。思い返してみれば昔見ていたテレビが今の自分の好きなものそのままに反映されてるんだよね。それが今ではどうだろう、あの頃は1ミリも面白くなかったニュース番組ばっかり見てる。アニメは相変わらず見てるけど。ニュース、ビジネス、アニメ番組ばかり見ている自分はこの先どんな風になるのだろう?と報道ステーションを見ていてふと気になった。 

---------------

5/19 23:30

今の僕の印象ってたぶんトライアスロンしてていつも美味しそうなご飯食べててふらっと海外に行く人?かな。まあ訳の分からない人だよなあ、自分でもそう思う。こういうのを何て言うのか、変な?飄々としてる人、ってとこか。でも、僕の面白いところはそれが僕らしいってことじゃないところ。別にトライアスロンしててもしてなくても、美味しいごはん食べてても食べてなくても、旅行しててもしてなくても。もっと言うと何をしていても、何もしてなくても、僕は僕らしいのだ。何を言っているのかわからないと思うけど現実にそう。ただ、誰かにこういう人だって見せる(伝える)ときにはそういう印象が「僕ってこういう人」というのを理解してもらいやすいから使ってるだけなんだけどね。便利な性格(印象)をしていて本当に助かる。「あなたってどんな人?」って質問に学歴で答えるか、自分の経験で答えるか、好きなもので答えるか。何で答えるか、どう伝えるかにも個性でるよね。

あなたはどんな人?