完甘美の空腹

日記 自分用

希望と自我を放棄して生きることは可能か?

結論から先に言うと、自己決定ができないことを除いてある程度、生存は可能。

完全に喪失しても、死ぬ方が辛い程度の追い込まれ具合なら生きていられる。

  5年前にパニック障害の発作に襲われたことがあるんだけど、当時それがパニック障害だとも知らなかったし、医者には行かなかったし、非常にきつかった。あの時、本当の恐怖と絶望を身をもって知った。「わかった。もう生きることに何一つ希望するな」と言い聞かせることで、僕はようやく生き残った。

ただし、倫理観だけは構築しておく必要がある。そうしないと社会性が完全に欠落する。

パニック障害になる前は、アホな習慣と関わり合いになってしまい、しかもそれを変えることに費やした膨大なエネルギーと、それで得たものの虚しさに、無差別テロでもやりかねないほどの憎悪に感情が塗りつぶされていた。なので、倫理観も何も吹っ飛んでいる状態だった。

自分の場合、結局「同じ状況になったら、恐らく自分は逃げることなく同じ行動を取るだろう」ということを認めるのに2年。その後「目の前に助けられそうな人がいたら助ける」ことを軸に倫理観の再構築するのに1年を要した。地球の反対側で何人死のうが、申し訳ないが知ったことではない。

頭にくるが、ああいう伝統的な不条理な習慣を廃止しようとして、抵抗に遭ったような場合、自分のように上からの反対をあらゆる手を使い、抑えこんで廃止に持ち込めるような日本人の割合は多く見積もっても1%以下だ。その事実には未だに少し腹が立つ。善悪ぐらいてめえの責任で判断しろ。人の顔色を見るな。善良であれ、とは言わない。悪事をするなら悪意を持って行え!古来、責任の数え方っていうのは、血の何滴、指何本、命いくつで数えるものだ。人様に危害を加えるようなことをしようっていうのなら、指くらい詰める覚悟してからやれ!と言いたいけど、分かってはくれないだろうな。

  他人を本気で信用しない、自己開示ができないのは、そのせいだろうと思う。あの時の自分の周りにいた同年代・同性の人間たちが、邪悪であったとは最初から思っていなかった。邪悪なのは、無差別にテロを起しかねないほど、憎悪に心を売り払った自分の方だ。しかし、自分には連中の無知であるが故に無垢で有り続けられる、責任から逃げ続けられるという態度というか、悪意もないくせに目の前で起きていることから目を逸らすことで結果的に不条理な現実を放置し続け、あまつさえそれの存続に手を貸す、というあり方に反吐が出た。連中は邪悪ではない。だが無知であり、無神経であり、その結果無責任なのだ。そして、それは残念ながら多くの日本人のあり方に共通している。そういう自分だって、地球の裏側で起きている殺戮からは関係ないと言って目を逸らしている。あるいは、もしかすると何かできるかもしれない。その方法を知らないだけかもしれない。でも、自分には無理だ。会ったこともない人は、空想の人物と同じでしかない。その人が死のうがどうしようが、すまないが自分の手に届かない。だからせめて、手の届く、目の前くらいは助けようと思う。それは他人のためではない。そうあるべきだと思うからで、自己満足と変わりはない。誇ることではない。

自分が、廃止(本当に廃止できたのは自分の次の代からだけど)を念頭にアホな行事(アルコール一気飲みとか)の推進論者と折衝していると、よく「現実を見ろ」と言われた。現実の社会はこういうことがあって回ってるんだ、と。しかしそれによって苦しむ人間がいるという、本当の現実を見ることができてないのはやつの方だ。そもそも、そんなことをしないと社会が回らない、という思い込みの方がよほど現実とは遠いではないか。人の手でどうしようもないこともあるが、どうにかしようと思えばどうにでもなることだってある。それを現実だと言って所与のものと認める方が現実が見えていないのだ。

う~ん。話がずれるけど、まあいいや。だいぶいい方向にクスリが効いてきてるようだし。

余談だけど、自分の知識は同じ状況で相手を論破することができるようになることを念頭に漁ってきた。無知のせいで、不利な交渉になったのがよほど悔しかったのだろう。なので、絶対に勝たねばならない交渉事になると、手持ちのカード全て点検して、切る順番と相手に切らせるカードのリストを作る癖が付いた。ただ、自分のことではここまで本気にはなれないのが皮肉。

 

---------------

 6/26 21:23

罪の意識

以前、友人と猫と犬どっちが好きか論争をしてて、犬には喜びや悲しみがあるけど、猫にはない、あいつら満足か不満足かだけなんだって話になって、宗教をもつとしたら犬の方だろうってところに行き着いた。
この頃しばしば考えるんだけど他の生物にはなくて、人間にあるのが「罪の意識」なのでは?って考えた。
もしかしたら犬にはちょっとくらいあるかもしれない。怒られたら、ごめんなさいって顔するし。

どうして人間には「罪の意識」があるんだろう?

考えて、きっと人の社会は、信頼関係で成り立っているからだと思った。信頼をつなぐことで、自分の立ち位置を確保している。信頼すること、されることが、実はとても大事だということ。だから、信頼をそこなうことをしてしまうと、罪悪感を感じてしまう。自分の立ち位置にこだわりがなくて、自分の存在の意義を求めることを他人に頼らない人は、もしかしたら罪悪感もそんなに抱かないのかもしれない。
犬には「罪の意識」があるかも、と思ったのは、犬が他の犬や人間との間に、(猫よりは密接な)信頼関係を必要とするからなのかも。と、ぼんやり考えた。
猫派の友人は、猫のそういうところがいいんだって言ってた。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
6/23 1:18

他人から元気はもらわない

  以前まで、というか高校受験を終えるまで、勉強をする時や練習をするとき、作品を作るとき。やる気を出すのに音楽を聴いてやる気を出していた。

今ではそうしてやる気を出すのをやめた。というのもいくつか理由があって、その中で大きな2つを書き留めておく。

  1つは自分のやる気を起こさせるのにいつまでたっても外的な要因に頼っているような、自分で自分をコントロールできないような人間でいてはまずい、と思ったから。それでは常に何か支えを求めてしまう人間になってしまうから。だから、元気になりたいときには自分で自分をコントロールして、元気になろうと思った。

あと、いつも音楽に頼っていると音楽に頼れない本番に元気になれないと意味なくね?って思ったのもある。

  もう一つはやる気の出し方というかそのプロセス。以前までは

(音楽とか聞く→)やる気出す→やる気出る→作業する→捗る→結果出る

っていう流れだったけど、今は

とりあえず作業始める→やる気出る→捗る→結果出る

っていう流れ。よく勉強しようと思ってたら親に「あんた勉強しなさい云々」って言われてやる気なくなる、みたいなのあるけどこれはそもそも順番がおかしい。やる気っていうのは作業する前に出すものなんかじゃないし、そんなのはやる気じゃない。

僕が思う「やる気」の正体は「惰性」。作業を続ける中でふつふつと湧き上がっていって、集中,没頭するような感覚。これがやる気。
  だからまあ、課題とか家事みたいなやりたくないけどやらなきゃいけないことはとりあえず作業を始めちゃえばすぐ片付けられる。

やるかやらないか。

---------------

6/22 7:50

追記6/22 10:02 若干加筆